Polistes rothneyi iwatai van der Vecht, 1968 キアシナガバチ本土亜種

Polistes rothneyi iwatai

YouTube Preview Image

一回り大きく、若干模様も違う右側は、女王蜂でしょうか。1時間くらい観察していましたが、たまに幼虫が出てきて、また巣の奥に引っ込んだりするのを見るのはなかなか楽しいものでした。(働きバチでも大きさの違いがあるので写真だけで判断するのは難しいです。 by 管理人) 2011年8月 山梨県甲斐大泉/撮影者:混沌様


Polistes rothneyi iwatai

キアシナガバチの創設女王が巣の近くの茂みでアワフキムシの幼虫の泡を舐めていました。2009年6月下旬 山形県/撮影者:しぐま様


Polistes rothneyi iwatai

Polistes rothneyi iwatai

オス。2008年11月 クプクプ様


Polistes rothneyi iwatai

写真は5月に見つけてから時々覗いているキアシナガバチの巣です。数匹が蛹室を作ったようですが、蛹室のフタの上に新しい卵が産みつけられています。これは普通のことですか?この場合、羽化した成虫が脱出してくる時に妹を傷付けたり、落したりしないものでしょうか?

(高見澤今朝雄著「日本の真社会性ハチ 全種・全亜種生態図鑑」によると、

「(前略)この育児方法は1つの育房で2つのステージの育児をすることが可能となる。したがって営巣期間が短く、かつ卵から成虫になるまでの羽化日数が60日近いアシナガバチにとって、育房の重複利用は育房の増設という労働負担の軽減とともに、効率的な成虫生産を行なうことが可能な育児方法といえる。」とあります。

ちなみに、スズメバチ亜科のハチたちも育房の再利用はするものの、羽化後に産卵が行なわれます。このような方法はセグロアシナガバチとキアシナガバチに見られるそうです。 by 管理人)

2008年6月14日 兵庫県三田市/撮影者:ハンマー様


Polistes rothneyi iwatai

撮影者:yasuko様


Polistes rothneyi iwatai

冬眠からさめたばかりのキアシナガバチの新女王だと思われます。下の個体は、かじっているように見えるので、巣材を採取しているのかもしれません。2006年4月23日 撮影者:ハンマー様


Polistes rothneyi iwatai

2005年9月10日 撮影者:Beet様


Polistes rothneyi iwatai

Polistes rothneyi iwatai

巣ではないところに集まっている(拡大画像)。近くにいたヒメスズメバチに襲われた可能性がある。2005年9月 長崎県長崎市/撮影者:園田様


Polistes rothneyi iwatai

集団でツバキの葉の裏にとまっているところ。スズメバチに襲われたり、何らかの理由で巣を失ったときに、このように集団でとまっていることがある。2005年8月 撮影者:ひとさん様


Polistes rothneyi iwatai

2004年8月 撮影者:平群庵様


Polistes rothneyi iwatai

前伸腹節の紋が大きい個体。2004年8月 撮影者:平群庵様


Polistes属 の記事一覧

スズメバチ科/Vespidae の記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください