理事会と評議会

公益法人問題といえば「漢検協会」。

3月16日の読売に、『「漢検協会」理事会・評議会名ばかり、会議出席ゼロも』というニュースが掲載された。

これまでの公益法人制度では、委任状や持ち回り理事会なども有効だった。一部の関係者が利益を得るために、理事会や評議会というのは形だけで、公益とは名ばかり、一部の関係者のための私的法人となっているという例は、よくあるのだろうか。

記事には、「協会の理事や評議員が、文部科学省から「役割を適切、十分に果たしていたとは言い難い」との指導を受けたことに対し、理事・評議員からは自らの辞任の申し出がある一方、理事長の辞任を求める声も上がっている。」とある。

「漢検協会」に指導が入ったのはたぶん事件後、本来なら事件前に主務官庁による指導があるべきではないだろうか。

実体顕微鏡

ハチを同定するには、実体顕微鏡が必須となります。

私が所有しているのはライカの MS5 です。ズームではなく5段階のステップ倍率になっています。ズームではないので、ライカでも比較的購入しやすい価格になっています。

実体顕微鏡

続きを読む →