Ammophila infesta F. Smith, 1873 ヤマジガバチ

今年の夏は念願だったジガバチの営巣地をようやく見つけまして、面白い観察ができました。営巣地(標高600m)は山道の脇の林縁で、周囲は里山の雑木林です。2012年7月下旬 山形県 撮影・投稿者:しぐま様

実はこの個体♀は、別のジガバチが地面に掘った巣坑を盗掘して獲物を引きずり出し、卵をすり替えた(労働寄生、托卵)不届き者なのです。貯食物の青虫はシャチホコガ科の幼虫と教えてもらいました。2012年7月下旬 山形県 撮影・投稿者:しぐま様

寄生されたジガバチ♀の写真です。こちらは白色の油性ペンでマーキングしました。背側から撮った写真は無いので、もし胸背のアングルなどが必要でしたら動画から切り出してきます。2012年7月下旬 山形県 撮影・投稿者:しぐま様


Ammophila infesta

Ammophila infesta

オミナエシに来ていた体長3センチくらいのジガバチです。(胸背や胸側の点刻の状態で区別されるので、写真だけでの判断は難しいですが、皺状になっているようには見えないので、ヤマジガバチのような感じです。 by 管理人) 東京都多摩地域 2008年8月28日 撮影者:クプクプ様


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です