2

これまで、埼玉新聞に掲載されたごち会の活動を紹介する記事を、何度もご紹介してきました。

このたび、田代ともやの活動およびお別れ会についてコラムに掲載されました。

20160810さきたま抄

以下、全文をご紹介致します。

国境を越えて「幸せの種」をまき続けた宮代町のフォークシンガー田代ともやさん(62)が今月2日、大腸がんのため逝去。6日の葬儀では約300人が別れを惜しんだ。

アフガニスタン支援を始めたきっかけは2000年頃。アフガンの子どもたちが生きるために、アヘンの原料となるケシの栽培をしている様子がテレビに映し出されていた。

「それを許している大人たちに怒りと悲しみを感じた」と田代さん。そこで生まれた曲が『アフガンの大地』。「♪アフガンの地は戦いに疲れている。混乱と破壊と暴力・・・/~/アフガンの地よ、もう一度よみがえれ」。

田代さんは歌うことで募金を集め、コンサートやCDの収益金でアフガンの子どもたちに果物や野菜の種を贈った。09年からはカンボジアへと活動地域を広げ、孤児院(児童養護施設)支援や井戸掘り、小学校建設に尽力。

東日本大震災直後から福島県いわき市に通い、物資を届けたり、被災者を励ますボランティア活動に献身。津波で全てを失った大谷慶一さんは「元気を取り戻したのは田代さんのおかげ。何の見返りも求めない人だった。悔しい」と声を詰まらせた。

「いつも冗談ばかり。けっして(活動を)自慢しなかった。とても残念。尊敬している」。フォーク界の大御所、なぎら健壱さんがまな弟子の素晴らしき人生をたたえた。田代さん! ありがとう。

このたびは田代ともやの訃報にあたり、たくさんのお言葉やお別れの会にご参列いただきありがとうございました。

田代ともや

当日皆様に平服でお越しくださいとムリな申し出をしましたが実は田代の入院前の最後の着衣が喪服という事実がありました。

本人も覚悟のうえの日々だったため、息子にも「パパは笑って死ぬから楽しくたくさんの人たちに来てもらって!」の言葉どおり私たち家族なりに送ることが出来たと思います。

これからも田代が残してくれた皆さまとのお付き合いを途絶えることなく当会の活動も仲間たちの協力を得ながら出来る範囲で続けて行こうと思います。

どうかこれからもよろしくお願いいたします。

Tomoya & RIka

 

8月6日12時より執り行いました「田代ともや お別れ会」に、猛烈な暑さの中、たくさんの方々がご参列くださいました。また、お心のこもった弔電も多くの方からいただきました。心から御礼申し上げます。

田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会 田代ともや お別れ会 田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会 田代ともや お別れ会 田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会 田代ともや お別れ会 田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会

お別れ会では、田代ともやの歌である「サンライズ」を龍邦さんが、「和音」をライブスペース和音マスターが旅立つ田代ともやに贈りました。

「サンライズ」はカンボジアのサンライズ孤児院の園歌です。

龍邦さん

コーラスのAYAちゃん、東日本大震災の津波で被災したいわき市薄磯の大谷慶一さん、田代ともやの師匠であるなぎら健壱さんに弔辞をいただきました。

AYAちゃん

大谷慶一さん

なぎら健壱さん

続く献花では、ごち会の活動を支援してくれた杉戸町古谷町長、震災以来の友人であるいわき市清水市長、遺影やCDジャケットを撮影した吉村達也さん、そして地元宮代町榎本町長にお言葉をいただきました。

古谷杉戸町町長

清水いわき市長

吉村達也さん

榎本宮代町町長

田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会

「和音」はライブスペース和音のテーマソングです。タンバリンマンも加わり、賑やかに送ります。

和音マスター

タンバリンマン

田代ともや お別れ会

喪主である利香さんのあいさつです。

田代ともや お別れ会

棺の中には、サンライズ孤児院のTシャツや大好きなバームクーヘンなどの他、AYAちゃん手作りのギターが収められました。

田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会

そして、たくさんの人に見送られながら斎場へと向かいました。

斎場から戻ったあとは、一緒に歌で盛り上がりました。

田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会 田代ともや お別れ会 田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会

田代ともや お別れ会 田代ともや お別れ会 田代ともや お別れ会

カンボジアでは、このお別れ会に合わせて、寺院(パゴダ)でお祈りをしてくれました。

田代ともや お別れ会 in Cambodia 田代ともや お別れ会 in Cambodia

田代ともや お別れ会 in Cambodia 田代ともや お別れ会 in Cambodia

このあと、サンライズ孤児院に戻った子どもたちと、インターネットのテレビ電話で会場の皆さんと一緒に田代ともやにお別れをしました。

2010年と2014年に来日した子どもたちは、現在は10代後半となり、孤児院のパソコンなどを使い、Facebookを利用するようになりました。そして田代ともやが亡くなったことを知った子どもの中には、このようなプロフィール画像にしてくれている子もいます。「タチロ」になっているのは言語の発音の違いでこうなってしまったようです。

田代ともや お別れ会 in Cambodia

10

入院治療を続けてまいりましたが、皆さまの懸命な祈りもかなわず、本日8月2日13時8分、田代ともやは永眠しました。

Tomoya Tashiro passed away at 13:08(JST).

田代ともやのごち会感謝祭

 

「田代ともや お別れ会」

日時:2016年8月6日(土) 12:00~ (14:00出棺)

場所:井上葬祭 総合葬祭センター

埼玉県北葛飾郡杉戸町下高野1288

0120-97-3996 または 0480-32-1576

http://www.inoue-sousai.com/hall01.html

なお、お別れ会なので平服でお越しください。

http://nakajimedia.web.fc2.com/files/live.html
ごち会ライブ情報にも掲載しております。