歌姫のシンガーソングライターせきぐちゆきさんのワンマンライブがありました。今回のライブでカンボジアに寄付される井戸は6基目となります。

いつもながらの素敵なファンに囲まれて力強かったり、優しかったり魅力溢れた歌にうっとりして聞かせていただきました。

あどけないシャベリに父親的に見てしまっている自分がいました。(笑)

~カンボジアに井戸を Vol.6~ せきぐちゆき チャリティ ワンマンライブ

~カンボジアに井戸を Vol.6~ せきぐちゆき チャリティ ワンマンライブ

~カンボジアに井戸を Vol.6~ せきぐちゆき チャリティ ワンマンライブ

... "~カンボジアに井戸を Vol.6~ せきぐちゆき チャリティ ワンマンライブ" を続けて読む

民間ボランティア団体として11年目のクリスマスパーティー!大成功でした。

昨年に引き続き…福島県から大谷御夫妻が参加!今回ゲストとして歌手「岬花江」さんが素敵なライブを披露して頂きました。ゲームでは楽しいハプニングがつづき、ごち会おばちゃんズを中心に盛上げて頂きました。ご参加の皆さんありがとうございました。

ごち会クリスマスパーティー

ごち会クリスマスパーティー

ごち会クリスマスパーティー

ごち会クリスマスパーティー

... "ごち会クリスマスパーティー" を続けて読む

フィリピン台風被害の支援物資を集めてくださったいわきの学校の一校に、貝泊小中学校があります。

いわき市の南西部の田人町にあるこの小中学校は、今期いっぱいで閉校となってしまうそうです

勿来第一中学校

↑ 貝泊小中学校から届いた物資(記事はこちらをご覧ください)。

学校の記事はこちら。

http://www.iwaki.gr.fks.ed.jp/index.php?key=joc56fnx2-1713#_1713

物資だけでなく、みんなの想いもしっかりお届けしたいですね。

本日は、11月7日~13日のカンボジア視察の報告会を兼ねたお茶会を開催しました。

カンボジアを訪ねて

連日の徹夜で作成した報告ビデオの上映を行い、

カンボジアを訪ねて

今回、井戸を寄付してくださった方にはカンボジア王国から、カンボジア渡航に参加された方には、ごち会から感謝状を贈呈しました。

カンボジアを訪ねて カンボジアを訪ねて カンボジアを訪ねて

カンボジアを訪ねて カンボジアを訪ねて カンボジアを訪ねて

カンボジアを訪ねて カンボジアを訪ねて カンボジアを訪ねて

カンボジアを訪ねて

カンボジアを訪ねて

ステージの大画面では、いわきの小中学校で集めた支援物資を引き取りにいった様子や、SB.ハートステーションでの支援物資仕分け作業の様子を上映しました。

皆様、引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

2013年12月12日のCNNの記事です。

子どもたちを貧困の犠牲にしてはいけない! 悪いのは貧困だけではありません。需要があるから売られる子どもが絶えないのです。

http://www.cnn.co.jp/special/cnnasia/35041270.html

 

The women who sell their daughters into sex slavery

http://edition.cnn.com/interactive/2013/12/world/cambodia-child-sex-trade/

Inside Cambodia's hidden child brothels

http://edition.cnn.com/2013/12/09/world/asia/cambodia-cfr-mira-sorvino-karaoke-brothels/

 

本日、「NPO法人SB.Heart Station」で行われたフィリピン台風被害支援物資仕分け作業のお手伝いをしてきました。

支援者から提供していただいた物資を、すべてチェックし、種類やサイズによって仕分けして梱包していきます。

ごち会の主力選手はオバチャンズ。衣類の仕分け作業はカンボジア支援で経験を積んでいます。作業内容の説明を受けた後は、順調に作業を進めていきます。

SB.Heart Station

SB.Heart Station

一番左は、SB.Heart Station理事の小川さんです。

SB.Heart Station

机の上で仕分けし、一定量でまとめ、梱包していきます。

SB.Heart Station

... "フィリピン台風被害支援物資仕分け作業" を続けて読む

2013年12月2日(月)、福島県いわき市立勿来第二中学校の澤井史郎校長先生のお声がけにより集まった支援物資を、「S.Bハートステーション (facebookページ)」のメンバーとともに引き取りに行ってきました。

いわき市の小中学校でフィリピン支援物資を収集

いわき市勿来第二中学校の生徒会が中心となり、たくさんの支援物資が集まりました。

福島民報2013年12月1日の記事より

「小中生が衣類収集 フィリピン台風被災者に物資 震災支援に感謝 いわき」

台風で被害卯を受けたフィリピンの被災者に支援物資を送ろうと、いわき市の勿来二中が中心となり南部地域の小、中学生が衣類を集めている。生徒は彼我に日本大震災の国内外から受けた支援に感謝の気持ちを込め、活動している。

勿来二中の沢井史郎校長が知人のボランティア団体関係者から要請を受け、生徒会役員に提案。生徒会が中心となり活動を始めた。

生徒は学区内の各世帯を訪問し、衣類やタオルケット、タオルなどの支援物資の提供を呼び掛け、チラシを手渡しした。

11月29日は同校の1年生と生徒会役員らが仕分け作業をした。生徒会副会長の八島すみれさん(2年)は「東日本大震災時に受けた支援に恩返しをしたかった、受け取ったフィリピンの人々が笑顔になってくれればと思う」と話した。

活動は南部地域の約20校に広がった。同校は2日昼までふっしを集める。選別、折り畳んだ上で支援団体に送る予定。

 

まずは、勿来第二中学校へ。

... "フィリピン台風被害支援物資にご協力いただき、ありがとうございます。" を続けて読む