7月15日、いわき市薄磯海水浴場では震災後7年ぶりに海開きが行われました。

薄磯海水浴場は、震災前は26万人もの海水浴客でにぎわっていましたが、東日本大震災の大津波による甚大な被害に遭い、その後の復旧工事などの影響もあり、利用できなくなっていまた。

震災直後、田代ともや&ごち会で訪れたときは、海岸にたどり着くのが困難なほどガレキに埋め尽くされていました。皆さんからお預かりした物資をお届けしたり、「ガレキに花を咲かせましょうプロジェクト」で、被災された方々と一緒に花を植えたりするなどの支援活動をするとともに、いわきの皆様と親交を深めて参りました。代表の田代ともやは、この海開きを見ることなく1年前に旅立ってしまいましたが、いわきで空撮を続ける酒井さんのように「かもめの視線」で、空からこの光景を見ていたことでしょう。

震災前の街並みは無くなってしまいましたが、塩谷崎灯台を望む白い砂浜は健在! 久しぶりに海岸に賑わいが戻ってきました。

薄磯海水浴場海開き 薄磯海水浴場海開き 薄磯海水浴場海開き

薄磯海水浴場海開き

海開きは、地元高校生のフラガールによるフラから始まりました。いわきのゆるキャラ「フラおじさん」も一緒です!

薄磯海水浴場海開き

フラおじさん

海に向かって黙とうをささげ、

薄磯海水浴場海開き

神事が始まりました。

薄磯海水浴場海開き

大きな堤防の上では、

薄磯海水浴場海開き

薄磯海水浴場海開き

ごち会でも大変お世話になっている清水市長も。

薄磯海水浴場海開き

薄磯海水浴場海開き

来賓祝辞の最中に、突然霧がやってきて灯台を隠してしまいました。

薄磯海水浴場海開き

海水浴場までやってくることはなく、いよいよテープカットです!

薄磯海水浴場海開き

そして、一斉に海へ!

薄磯海水浴場海開き

いわきのお友達にも会えました!

薄磯海水浴場海開き

薄磯海水浴場海開き

丸又蒲鉾

鈴木さん

今回とてもお世話になった大谷ご夫妻ですが、慶一さんはというと・・・

大谷慶一

「かたりべ」のお仕事中でした。

防潮堤の内側は、現在このようになっています。

薄磯地区 薄磯地区

薄磯地区 薄磯地区 薄磯地区

海開き及び「海まち・とよまパークフェス」の様子は、薄磯復興協議委員会のブログにも詳しく掲載されています。

薄磯海水浴場

駐車場やきれいなトイレなどは整備されましたが、店舗や宿泊施設などはまだまだこれからです。再び以前のように賑わうことを願わずにはいられません。それまでは、酷暑から逃れ、きれいな砂浜でのんびり過ごすのもよいのではないでしょうか。皆さんもぜひ薄磯海水浴場を訪れてみてください!

4月8日(土)、7年ぶりに開催された富岡町夜ノ森地区の桜まつりに行ってきました。

富岡町は平成29年4月1日午前0時をもって帰還困難区域を除く避難指示区域が解除されました。これを機に、7年ぶりに「夜ノ森桜まつり」が開催されました。夜の森地区は2キロ以上の桜並木が桜の名所として知られていました。並木道の大半は今も放射線量が高い帰還困難区域にあるため、今回は帰還困難区域の外にある約250メートルで開催されました。

夜ノ森桜まつり

今年は、ここ富岡町でも桜の開花が遅れているため、咲き始めあるいは1分咲きといったところでしょうか。

夜ノ森桜まつり 夜ノ森桜まつり 夜ノ森桜まつり

夜ノ森桜まつり 夜ノ森桜まつり 夜ノ森桜まつり

夜ノ森桜まつり

震災以来、お友達になったいわき市薄磯の大谷夫妻や大河内さん、四家さんと一緒に行ってきました。こちらのゆるキャラは、富岡町の「とみっぴー」と友好都市である埼玉県杉戸町の「すぎぴょん」と「すぎたろう」です!

夜ノ森桜まつり

夜ノ森桜まつり

別会場の記念式典が終わって桜イベントにやってきた杉戸町町長の古谷さんを急襲!

夜ノ森桜まつり

桜ステージでの催し物の前に、会場を訪れた安倍首相のスピーチがありました。

夜ノ森桜まつり 夜ノ森桜まつり

決してお花見日和とは言えない天気でしたが、会場には多くの方が集まってきました。

夜ノ森桜まつり

桜並木では、ハイタッチのギネス記録チャレンジが行われました。

夜ノ森桜まつり

並木の下には、私たちも書いた絵馬が飾られていました。

夜ノ森桜まつり 夜ノ森桜まつり 夜ノ森桜まつり

桜が見られるのはここまで。

夜ノ森桜まつり

夜ノ森桜まつり

ステージでは、大トリの杉良太郎サマが熱唱中でした。

夜ノ森桜まつり

会場を後にして、富岡駅へ。

富岡駅 富岡駅 富岡駅

その後、岬はな江さんが運営している(休業中)久ノ浜"かもめパン工房"に。ここにはサクラ☆プロジェクトで植えた22本の桜があります。海から吹き付ける厳しい海風の影響で一部は枯れてしまったものもありましたが、花芽がついた個体もありました。

サクラ☆プロジェクト

サクラ☆プロジェクト

かもめパン工房

会場でお会いした杉戸町長からお預かりしたアルミ缶プルタブを、「あーちゃん号」を贈る活動の窓口をしている岬はな江さんにお届けする予定でしたが、ご本人は忙しいということなので、「あーちゃん」のご両親である木村さん宅へ直接お届けしました。

あーちゃん号

いわきに戻って薄磯の慰霊碑と丸又蒲鉾に寄ってきました。

薄磯慰霊碑 薄磯慰霊碑 薄磯慰霊碑

富岡町などの帰還困難区域を除く避難指示区域の解除は、喜ばしいことばかりではなく、支援の打ち切りなど多くの問題を抱えています。震災から6年経過し情報が少なくなっている現在、被災地がどのような状態に置かれているか、積極的に知ることが必要ですね。

1

12月27~28日にいわきに行ってきました。

年末恒例となっている丸又蒲鉾のかまぼこ販売。おかげさまで、たくさんのご注文をいただきました。そのかまぼこを引き取るためのいわき訪問です。

まず、出発前に杉戸町の役場を訪問。杉戸町は、岬はな江さんが車いす「あーちゃん号」を寄贈するために行っているプルタブ回収活動に賛同し、継続的にプルタブの収集を行っています。そのプルタブをいわき市の岬はな江さんに届けるために、杉戸町よりお預かりしました。町長の古谷さんは会議中で席をはずせないということなので、撮影には職員の方に立ち会っていただきました。

杉戸町役場

プルタブ すぎぴょん

翌日、かまぼこ引き取りの前に薄磯地区へ。かさ上げ&造成工事の真っ最中ですが、本日は年末年始で工事はお休み中。ゆっくり訪れることができました。

震災前や震災直後の面影はほとんどなく、海も堤防で見えなくなっています。

薄磯地区薄磯地区薄磯地区薄磯地区

薄磯地区薄磯地区薄磯地区薄磯地区

こちらは豊間の海岸です。

豊間海岸

杉戸町からお預かりしたプルタブは、丸又蒲鉾で岬はな江さんにお渡しする予定でしたが、到着が遅れるということなので、預かっていただくことに。

プルタブ

その後事務所で休憩しているうちに岬はな江さんが到着しました。

丸又蒲鉾

大谷夫妻、大河内さん、高木さん、岬さんと記念撮影。遅くならないうちに、かまぼこを満載したトラックで埼玉へ帰ります!

埼玉県杉戸町の生涯学習センター「カルスタすぎと」にて、丸又蒲鉾(いわき市平薄磯)の直販を行いました。

毎年好評で、午前中でほぼ完売! 皆さま、お買い上げありがとうございました。

丸又蒲鉾

丸又蒲鉾

販売は須藤さんファミリーと龍邦さんファミリーがお手伝いしてくれました。ご協力ありがとうございました。

昨日(5/29)は「再び福島へ!」の企画で福島県いわき市に行きました。

「震災後に出会った皆様に逢いたくて」の企画で立ち上げたのですが…第二弾で終了する事に寂しさを感じた日でもありました。

忙しいところ、被災者の立場で「語り部」をして頂いた大谷さんや当時(2011)の復興対策本部の役員をしていた大河内さん、四家さん親子、のうちんさんなど…皆様と過ごした5年間を思い出しながらの貴重な一日でした。

地震や津波に悲しんだり、被災地に一緒に花を咲かせたり、炊出しで食べながら笑ったり…重くとも楽しい時もありました。

そんな気持ちをこれからも伝えたい為に続けたかった「再び福島へ!」自分の治療で終了することで、悔しい気持ちで複雑でしたが…いわき市で集結した広報の村上氏や茅根氏や我が町の「タンバリンおじさん」や「3びきの子ぶた」のママや高橋夫妻など…

道中の車内では歌い、しゃべり、楽しい楽しい…思いで深い旅になりました。

日曜日とあって、丸又蒲鉾の高木京子さんや豊間・薄磯地区の復興対策本部の皆様と会えなかった事が心残りですが…私が元気に復興したら、企画「再び福島へ!」を復活したいと思います。

田代ともや

最初の訪問場所は、「ほるる」こと「いわき市石炭・化石館」です。

そこにはいわき市の最北端久之浜で障がい者の福祉施設の園長をされている演歌歌手の岬はな江さん(参照1参照2)が差し入れ持ってきてくださいました。

ほるる

岬はな江さん

お忙しい岬さんはここでお別れ。ごち会ツアーズは「ほるる」の見学です。

ほるる ほるる OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほるる ほるる ほるる

講義をしたり、炭鉱に入ったり、救護隊になったり、踊ったりと大忙しです!

休憩所で差し入れの柏餅をおいしくいただきました!

柏餅 柏餅

お昼は小名浜の「心源」で。こちらではおいしいお寿司とお蕎麦をいただきました。天ぷらにはエビが3本! 豪華です!!

心源 心源 心源

午後、まず向かったのは塩谷崎です。東日本大震災で被害の大きかった豊間地区と薄磯地区の間にある岬で、灯台とそのふもとにある美空ひばりさんの碑で有名です。

震災直後何度もお邪魔した山六観光さんで、社長さんと久しぶりの再開です。

塩谷崎灯台 塩谷崎灯台 塩谷崎灯台

その後は、かさ上げ工事中の薄磯地区にある展望台で、当時被災され、現在は語り部をされている大谷さんのお話を聞くことに。

薄磯 薄磯 薄磯

大谷さんの熱弁に、大きく心が揺さぶられます。

大谷慶一氏

田代ともや

この後、丸又蒲鉾さんに寄ってから、「とまとランドいわき(ワンダーファーム)」でお買い物。おいしいトマトのソフトクリームを堪能しました!

とまとランドいわき

とまとランドいわき

工場ではお会いできなかった丸又の高木さんと偶然遭遇しました!

丸又蒲鉾

最後は、いわき湯本温泉の「こいと」の日帰り温泉で一日の疲れと汗を流しました!

こいと こいと

本日(12月13日)、福島県いわき市長である清水さんご夫妻が、埼玉県宮代町まで遊びに来てくれました。

現在いわき市長である清水さんはとても多忙で、なかなかお会いする機会がありませんが、ごち会の東日本大震災の支援活動では、いろいろサポートしてくださったり、一緒に支援作業をしてくださいました(当時は県議会議員でした)。

今回、いろいろ楽しいお話を聞かせていただきました。その中でも、最も面白かったのが江戸時代のいわきが舞台となった映画「超高速!参勤交代」のお話し。続編「超高速!参勤交代 リターンズ」では、清水市長自ら出演なさっているとか。ぜひ続編も見てみたいものですね。公開は来年2016年となるそうです。

清水いわき市長

清水いわき市長

東日本大震災被災地であるいわき市薄磯に関するニュースをふたつお知らせします。

 

12月6日(日)、杉戸町生涯学習センター「カルスタすぎと」(埼玉県北葛飾郡杉戸町大島477-8)で、ごち会ではお馴染みの「丸又蒲鉾製造」による直売を行います。

お得な「お正月セット」の予約も承っております。ぜひお越しください!

丸又蒲鉾

 

12月11日(金)15:12~ 地デジNHK総合「被災地からの声 福島県いわき市」に、震災による津波で家を失い、現在は震災の「語りべ」を務める大谷慶一氏が出演します。今回のカンボジア視察では、田代ともやに代わり団長を務めていただきました。ぜひご覧ください。

大谷慶一氏

 

2

9月27日「こち会結成14年記念第一弾ライブ」も大成功!

集客も立ち見となり、それはそれは…これまでに最高のライブと言っても過言ではないくらいの内容となりました。

田代ともや

本日のオープニングアクトは、福浦喜明さんです。

福浦喜明

続いて、飯島ひとしさん。

飯島ひとし

そして、龍邦さん(写真ありがとうございます!)。パーカッションは、赤座靖さん。

龍邦

龍邦&赤座靖

そしていよいよ、病院から外出許可をもらって一時帰宅中の田代ともやの登場です!

14周年を迎えたごち会は、現在カンボジアに4校目となるごち会小学校を建築中で、11月には開校式を行うこととなっています。しかしながら、わたくし田代ともやはカンボジアに行くことができません。

大腸がんが転移して、ギターも弾けなくなるようなことは想像もしていませんでした。今回のライブは、ゲストミュージシャンにお任せして、自分は歌うことをもう諦めかけていました。

しかし、「ぴん助」様堀様はじめ病院でお会いした方々に、勇気と希望をいただき、こうして再びステージに立つことができました。

田代ともや

ごち会14周年記念ライブ

ごち会14周年記念ライブ

今回、田代ともやは脳に転移したがん(治療済み)の影響で、ギターが弾けません。そこでサポートギタリストとして、茨城から茅根さんが駆けつけてくれました。

そしてコーラスはAYAちゃん、キーボードは人見さとみさん、そしてそしてボイスパーカッションは本日デビューとなるトモ君です(パパをサポート)!!

ともトモバンド

親子共演の様子はこちらです!

ところで、「サクラの咲く頃」「流転」終わったところで、サプライズ! バースデーケーキの登場となりました!

バースデーケーキ

バースデーケーキ

ここで、誕生日会、即興アカペラで♪「リカにありがとう」がプレゼントされました。

良子さんというのは、いつもお世話になっている「3びきの子ぶた」のママです! 利香さんはもうわかってますよね!

このあと、「OH MY セニョリータ」「見上げてごらん夜の星を」を歌いごち会14周年記念ライブ第1弾は大成功となりました!

 

鬼怒川の大水害の支援として開始した「車いす大作戦」の募金も合計¥37,229となりました。(内、新井龍邦氏¥5,000)

車いす大作戦

また、27日(土)豊田市Cafe & Dining BEATで行われた「秋ライブ」では、車いす大作戦の募金¥13,293を寄付してくださいました。

BEAT

豊田地区とごち会本部を合計すると「車いす2台購入!」が確保できます。

早速、業者に手配して、被災地の常総市にお届けします! 報告まで暫くお待ち下さい。この活動はこの後も続きます! 引き続き応援して下さい!

本日は、応援いただいた…豊田市民の皆様と埼玉県のごち会の皆様に感謝のお礼まで!ありがとうございます。

 

なお、ごち会名古屋支部では、9月13日に「カンボジアに小学校を基金ライブ」を開催し、参加費、カンパ、CD売上などで、83,000円もの募金が寄せられた他、Gift様のCD売上から26,000円も寄付していただきました。

田代ともや

こちらは、ママちゃんズが送ってくれたマシュマロ電報と、タンバリンおじさんがくれたお花です!

8/9いわきに行ってきました。

9月に予定しているライブの打合せや、11月のカンボジアに渡航する方との打合せを兼ねて、震災同時より合流している方々と楽しいランチを過ごしてきました。

ランチタイム

偶然にも、先日ごち会事務所に来てくれた四家さんのお母さんが誕生日! お店からケーキとバースデーソングのプレゼントがありました!

ランチタイム

食後は海岸をお散歩。ごち会事務所のある埼玉県は海無し県。涼しい海風に吹かれながらの記念撮影となりました。

いわきの海岸

6月28日の記事で手にしていた「ごち会新聞2015春夏号」。

田代ともや

ごち会小学校や、いわきでの活動など最新情報が掲載されています。

ごち会新聞2015春夏号 ごち会新聞2015春夏号

「お友達に配りたい!」「お店に置きたい!」等々、希望される方には印刷物をお送りしております。事務局までご一報ください。

pdfファイルはこちらからダウンロードできます

 

追記 -- 6/28発刊の「ごち会新聞」掲載の“ごち会タアン小学校建設オーナー会”スポンサー様の名前が間違っていました。訂正してお詫び申し上げます。

現在、新たに印刷をやり直していますので…しばらくお待ちください。

カンボジア王国にはローマ字(英語)表記ですので問題はありません。大変失礼致しました。

画像とpdfファイルは、訂正し再掲載させていただきました。pdfファイルにつきましては、お手数ですが再ダウンロードをお願い致します。